We use cookies to offer the best possible user experience on our website. We also use third-party cookies, to deliver personalised advertisement messages. By using our website you agree, that cookies can be saved on your device. Further information on the cookies used and on how to disable them can be found here.
 
 
 
 
 

歴史

1930年代以来、マクデブルグ郊外の街であるロッテンゼーは第二次世界大戦で爆撃 されるまでは街にガスを供給する巨大なガス基地がありました。それはドイツ民主共 和国時代に再建されましたが、ドイツ統合までしか稼動しませんでした。

2001年、社屋の再建が始められ、新しいグルーラム工場の建設も始まりました。今日、 その地域は総計18ヘクタールを含み、新鮮で新しい外観を輝かせています。
  • 2002 年、製造開始
  • 2003 年、出荷量が 50,000 立方メートルを越える
  • 2005 年、出荷量が 100,000 立方メートルを越える
  • 2006 年、第三乾燥経路の作動開始
  • 材木のための貯蔵スペースを拡張
  • 2007 年、乾燥の準備のためための新しい積み重ね室/再積み重ね室
  • 2008 年、材木と完成した製品のための貯蔵スペースを増設
  • 新しい組み立てが設置される
  • 出荷量が 150,000 立方メートルを越える
  • 2011 年、選別ラインを刷新
  • 2012 年、「Nordlam 2.0」、25,000平方メートルの貯蔵エリアと 30,000平方メートルの緑のスペースが新築される
  • 出荷量、200,000立方メートルを越える
歴史
 
歴史